PRP-FD注射
脂肪幹細胞治療

prp注射とは

PRP-FD注射とは

PRP-FD注射とは、血液に含まれる有効成分を濃縮し、ひざ関節内に注射するという治療法です。

こんな方におすすめです

ひざの痛みが慢性化してしまった方

一度の治療で長期的な効果を求めている方

入院しないでいい方法をお探しの方

できるだけ短期間で治療したい方

治療に伴う副作用が不安な方

3つの特徴
  • 01POINT

    持続的な効果に期待

    PRP-FDには、細胞分裂を活発にさせる有効成分が含まれています。ひざ関節内で持続的に作用することで、徐々に状態が改善されます。

  • 02POINT

    手術しないひざ治療

    必要なのは、採血と注射のみ。ひざを切開することはありませんので、手術に抵抗がある方でも治療を受けることができます。

  • 03POINT

    普及している治療法

    人工的な薬剤を使用しません。
    副作用やドーピングの心配もないため、プロスポーツ選手も選択。一般の方にも普及しています。

膝関節再生医療

〜切らずに治す膝の再生医療〜
変形性膝関節症、大腿骨壊死症などですが、最終的には軟骨がなくなり、膝の半月板や、靭帯が痛み、元には戻りません。
ですが、今まで通りのヒアルロン酸関節内注射では良くならない進行期関節症の患者様に出会うことが多く、手術はしたくないが、痛みはなんとかしたい患者様が大多数です。
私は人工膝関節の手術に多く携わったため、術後非常に満足できている患者様から術後いつまでもなかなか痛みが取れていない患者様まで、担当させていただきました。
明らかに人工膝関節置換術を勧めるべき患者様にPRP療法や自己脂肪幹細胞移植術を勧めることはございません。
当院では、ヒアルロン酸関節内注射が効果がなく、人工膝関節置換術までする必要はないが、膝の痛みに困られている患者様に再生医療を提供させていただいています。
治療を受けたが中々良くならない、一度再生医療について自分に適応があるか相談したい方は、お気軽にご相談ください。



作用と効果

手足を擦りむいたりぶつけたりして出血しても、しばらくすると血は止まります。これは、血液に含まれる血小板(けっしょうばん)という成分が止血を促すため。
徐々に皮膚が元通りになっていくわけですが、そのときポイントとなるのが、傷を修復するときに血小板から放出される成長因子。
傷ついた組織の修復や再生といった重要な役割を果たす物質です。このように自分で自分を治そうとする力のことを、自己治癒力と言います。
PRP-FD注射は、成長因子の働きによって自己治癒力を高める治療です。PRPとは、血小板を多く含んだ血液成分(多血小板血漿)のこと。
血小板の数が多いということは、成長因子も多く含んでいるということになります。この成長因子が、慢性化した関節の痛みにも作用するとされているのです。

効果の裏付け

〜PRPの効果は多くの研究で明らかになっており、変形性ひざ関節症の方にも有効〜
1000人以上に行った治療の結果をまとめた論文によると、効果はヒアルロン酸注射よりも長期間に渡って効果が持続したそう。
有害な副作用などは確認されなかったとして、有効かつ安全な治療法であると結論づけられています。
これは世界的に権威のある医学雑誌のArthroscopyにも掲載されている論文ですから、信憑性は非常に高いと言えるでしょう。
また、PRP-FDは成長因子を濃縮しているため、より高い効果にも期待できます。

再生医療等提供計画受理

〜ふどう整形外科クリニックでは再生医療等提供計画が受理〜
日本では再生医療等安全確保法(自由診療、臨床研究の枠組みで再生医療を行うための法律)のもと、
特定認定委員会の審査に通過し、治療提供計画を厚生労働省に受理された医療機関が、再生医療を提供できます。
ふどう整形外科クリニックの培養幹細胞治療も、厚生労働省に受理された第二種再生医療等提供計画に準じた内容でご提供しております。

計画番号:PB5190051
計画名:脂肪組織由来幹細胞(ASC)の投与による変形性関節症治療

脂肪幹細胞移植術

〜当院では、従来の治療法〜
関節内ヒアルロン酸注射の継続では効果不十分になってきた患者様に腹部の脂肪組織をおちょこ一杯分(20〜30ml)の脂肪組織を採取し、
培養センターに送り、そこで何にでも分化できる脂肪幹細胞を培養、6週間後に、ご自身の脂肪幹細胞を関節内に移植する治療を行っています。



治療の流れ

〜当院では、膝関節痛に対して〜
既存の保存治療を定期的に行っても効果を確認できなかった患者様にのみ、再生医療の提供を計画いたします。
既存の保存治療の際に、MRI検査などで膝関節の状況を詳細に評価いたします。
その後、血液を採取して行うPRP-FD注射にするのか、脂肪組織を局所麻酔にて採取し、培養幹細胞治療を行うのかを決めていきます。



PRP-FD注射の場合

〜血液採取のみ〜
感染症のある患者様はこの後のステップにすすめません。
自費での検査費用がかかります。
感染症のないことを確認できた患者様には、約4週間後にPRP-PD注射を行います。



脂肪幹細胞治療の場合

〜当院では、脂肪幹細胞治療を希望された患者様に〜
術前膝関節MRI、術前採血、心電図などの検査を行い、手術可能と判断した後予定を組みます。
手術当日は、術前30分前に来院していただきます。
手術自体ですが、局所麻酔にてお臍の下を1cmほど切開致します。皮下脂肪にチューメントという、痛み止めと止血作用のある薬液を充満させます。
その後、脂肪吸引カテーテルを使用し、おちょこ一杯分(20〜30ml)の脂肪細胞を採取致します。
出血等ない事を確認し、切開した皮下を縫合して、手術完了となります。手術時間は約10から15分となります。
術後経過観察をして問題無ければ当日に帰宅していただきます。



カギになる”コラーゲン”

コラーゲンとは

皮膚や骨、軟骨、血管、靭帯といった身体の組織を作り出すために必要なのが、タンパク質の一種であるコラーゲン。
骨は50%、靭帯にいたっては90%以上がコラーゲンでできているとされています。
PRP-FDに含まれる成長因子には、コラーゲンを新しく作り出す働きを持つものも。
コラーゲンを経口摂取することの有効性は証明されていませんが、
関節内に注入するという方法をとることで、直接的 な作用に期待できるのです。

<TGF-β>
損傷した細胞・組織の修復、およびコラーゲンの生成
<PDGFa-b>
組織修復のための細胞分裂を促す力、およびコラーゲンの生成
<VEGF>
血管、炎症の調整力となる細胞を増やす効果と、血管そのものを形成する効果
<bFGF/EGF>
軟骨細胞、骨芽細胞の増加や、骨・血管の再構築を促す効力
<CTGF>
軟骨の修復や線維化、および血小板の付着が優位な状態を生み出す力
コラーゲン

料金表

PRP-FD治療2バイアル220,000円(税別)
ASC治療
(脂肪幹細胞移植術)
片膝1,200,000円(税別)
両膝1,350,000円(税別)

お支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー

pegetop