TEL:072-756-0555

ふどう整形外科クリニックlogoアクセス

  • 診療時間診療時間

肩関節腱板損傷(腱板断裂)Shoulder rotator cuff injury

肩関節腱板損傷(腱板断裂)について

SYMPTOMS

肩関節腱板損傷(腱板断裂)とは

40歳から70歳に多く見られる疾患です。
老化により肩関節の周囲の組織に炎症が起こる事が主な原因です。

症状

腱板とは肩にある4つの腱(肩甲下筋腱・棘上筋腱・棘下筋腱・小円筋腱)の総称の事で、肩関節を安定させ、動かすための重要な役割を担っています。
この腱板が切れてしまった状態を肩関節腱板損傷(腱板断裂)といいます。
腱板が切れる原因は、転倒や打撲、肩に急激に強い力が加わったに切れる外傷性のものと、加齢と共に徐々に腱板がすり減っていたものが何かの拍子に切れて起こる場合があります。
40歳以上の男性に多く(男62%、女38%)発症年齢のピークは60代です。

治療方法について

発症直後は痛みと止めの内服薬と関節内ステロイド、局所麻酔注射を行い安静にしていただきます。
痛みが少し落ち着いてくればヒアルロン酸の注射も行います。
腱版全てが断裂することは少ないので、残っている腱板の機能を活性化するリハビリも行っていきます。
断裂してしまった腱板は手術を行わないと治癒することはありません。
当院は肩関節専門の医師も在職していますので、お声かけくだされば予約し診察を受けていただく事も可能です。

pegetop