膝の再生医療や
バイオセラピー

こんな方におすすめです

ひざの痛みが慢性化してしまった方

一度の治療で長期的な効果を求めている方

入院しないでいい方法をお探しの方

治療に伴う副作用が不安な方

膝の再生医療やバイオセラピー
3つの特徴

  • 01POINT

    持続的な効果に期待

    患者様ご自身から採取した生体組織(血液や脂肪)を培養加工して患部に注入し、持続的な効果が効果が見込める治療方法です。

  • 02POINT

    手術しないひざ治療

    必要なのは、採血と注射のみ。ひざを切開することはありませんので、手術に抵抗がある方でも治療を受けることができます。

  • 03POINT

    普及している治療法

    採血、または脂肪採収を行い、あとは患部に注射をするだけで済むため、手術や入院は不要です。

膝の再生医療やバイオセラピーが向いている方

〜切らない膝の再生医療・バイオセラピー〜
変形性膝関節症、大腿骨壊死症などですが、最終的には軟骨がなくなり、膝の半月板や、靭帯が痛み、元には戻りません。
診察にいらっしゃる段階ではある程度症状が進んでしまい、今まで通りのヒアルロン酸関節内注射では良くならない進行期関節症の患者様に出会うことが多く、「手術はしたくないが、痛みはなんとかしたい」という患者様が大多数です。
私は人工膝関節の手術に多く携わったため、術後非常に満足できている患者様から術後いつまでもなかなか痛みが取れていない患者様まで、担当させていただきました。
明らかに人工膝関節置換術を勧めるべき患者様にPRP療法や自己脂肪幹細胞移植術を勧めることはございません。
当院では、ヒアルロン酸関節内注射が効果がなく、人工膝関節置換術までする必要はないが、膝の痛みに困られている患者様に再生医療や・バイオセラピーを提供しております。
治療を受けたが中々良くならない、一度再生医療やバイオセラピーにご興味がお有りの患者様はお尋ねください。



膝の再生医療やバイオセラピーのメニュー

~ふどう整形外科クリニック再生医療専門LINE~
LINEから質問できたり、再生医療外来の予約が可能です。

再生医療専門LINE

料金表

PRP-FD治療2バイアル150,000円(税別)
ASC治療
(脂肪幹細胞移植術)
片膝1,200,000円(税別)
両膝1,350,000円(税別)

お支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー

よくある質問

Qひざを切開することになりますか?

A ひざの切開は必要ありません。
本治療では、培養した細胞をひざ関節に注射器で注入するだけなので、ひざを切開する必要はありません。患者さまの身体的な負荷は、ヒアルロン注射を打つ時とほとんど変わりないものです。

Q入院の必要はありますか?

A 入院の必要はありません。
本治療はすべてふどう整形外科クリニックで行われます。入院の必要はありません。
治療の為に来院していただく日数は、脂肪細胞又は血液を採取する日と1カ月後に培養した幹細胞又は血液から抽出したPRPをご自身のひざに注射する日の2日のみになります。

Q高齢ですが、治療を受けることができますか?

A 受けることができます。
からだに負担の少ない治療なので、高齢でも治療を受けることができます。
ただし、ひざ関節の破壊が進んでいるような重度の方は、年齢に関わりなく手術が適している場合もあるので、再生医療特別外来の受診をお勧めします。しっかりと診察させていただきます。

Qなぜ保険がきかないのですか?

A 新しい治療法をいち早く提供するためです。
脂肪由来幹細胞を用いた治療は、すでに先進的な医療として行われていますが、どこの医療機関でも健康保険を使う事はできません。保険で治療を受けられるようになるには国から保険診療として認められなくてはいけません。
現在の日本では審査には長い時間をかけて行われるため安全性と有効性が認められている治療法であっても時間がかかってしまいます。
国民の医療費も増大傾向にあるために、必要最低限の医療は保険でまかない、付加価値の高い医療は自費で負担するという時代にさしかかってきたのかもしれません。

Q再生医療の安全性が心配です

A 安心して治療を受けていただけます。
当院の再生医療の治療は厚生労働省に第二種再生医療等提供計画を提出し、受理されなくては提供できません。当院の申請は受理されておりますので安心して治療を受けていただけます。
計画番号 PB5190051

Q必ず効果はありますか?

A 必ず効果があります。とはお伝えできません。
再生医療に限らず、全ての治療において「必ず効果があるとは言えません。」 但し、効果が出やすい方出にくい方の特徴はございます。患者様に膝の状態をしっかり診察し判断させていただきますので再生医療外来を受診ください。

Q医療費控除は受けられますか?

A 医療費控除が適用される場合があります。
医療費控除が適用される場合があり、1年間にご本人または生計をともにするご家族が負担した医療費が10万円を超えた場合、確定申告を行うことで還付金の受け取りが可能となります。この際、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です。
治療費の領収書を発行致しますので大切に保管し、確定申告の際にご提出ください。
なお、領収書の再発行は致しかねますので、ご了承ください。
※生命保険の先進医療特約には当てはまりませんのでご注意ください。

Q人工関節後の痛みを再生医療で改善できますか?

A 人工関節手術後の膝に再生医療は行っておりません。
人工関節手術後の膝に再生医療は行っておりません。但し、院長の不動は人工関節の手術も専門としています。
一度一般の外来を受診ください。適格なアドバイスをさせていただきます。

Q効果はすぐに現れますか?

A 個人差はありますが、早ければ1カ月くらいから効果が表れます。
平均的には3~4か月ですが、痛みが突然軽減されるのではなく、じわじわ痛みが軽くなっていきます。
治療の効果も人によって異なりますので必ず「いつまで」とはお答えできません。
効果を伸ばす方法などもありますし、自分はどうなのだろう?と思われる方は再生医療外来の受診をお勧めします。

Q治療後通院の必要はすか?

A 経過観察させていただきます。
1カ月後・3ヶ月後・6ヶ月後の経過観察をしております。
遠方の方は柔軟に対応させていただきます。

Q紹介状は必要ですか?

A 紹介状は必要ありません。
紹介状は必要ありませんが初めて受診された時に問診表を書いていただきます。
当院を受診される3ヶ月以内にひざのMRI検査をされ、画像をお持ちの方はご持参ください。

pegetop