診療内容MENU

治療の対象となる症状

  • 肉離れ
  • 腰が痛い
  • つまづきやすい
  • ゴルフ肘
  • ぎっくり腰
  • 打撲
  • テニス肘
  • 膝が痛い
  • 捻挫
  • 四十肩
  • 五十肩
  • 関節が痛い
  • 手足が痺れる
  • 骨折
  • 首が痛い
  • 肩こり
  • 歩きにくい
  • 関節がこわばる

整形外科について

整形外科とは、人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う医学の一部門です。
背骨・手・足など、全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療し研究する学問です。

骨粗鬆症について

骨粗鬆症は骨の強度が低下して骨折しやすくなる病気です。
骨粗鬆症になると転んだだけで背骨(椎骨)や足の付け根の骨(大腿骨近位部)、腕の付け根の骨(上腕)、手首(とう骨)に骨折しやすくなります。
骨折の仮名なかでも大腿骨近位部の骨折は寝たきりの大きな原因となります。
椎骨骨折が起こると次々と骨折がおこり椎骨が潰れ、背骨が前に曲がった状態になります。
これによって日常生活に支障をきたし、生活の質が低下します。
さらに、骨折のある方のほうがない人より死亡率が高くなることが知られています。

変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは、膝の関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減り、歩行時に膝の痛みが出現する病気です。
平地での歩行は大丈夫でも、階段で膝が痛いために困っている、歩行時の膝の痛みはないけれど、正座は膝が痛くてできない、などが初期の変形性膝関節症の症状です。
さらに変形性膝関節症が進むと、次第にO脚が進んでいき、階段のみでなく平地での歩行にも支障をきたすようになります。
旅行などの特別なことではなく、日常生活上で支障をきたすようになると、かなり変形性膝関節症が進行している可能性が高くなります。

腰部脊柱管狭窄症について

ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。
これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています。
腰部の神経を入れている脊柱管は5個の腰椎という骨から成り立っており、これらは幾つかの靱帯組織により連結されています。
また、第二腰椎より下の部分では、神経は馬の尻尾のようになっています(脊髄馬尾と呼ばれます)。
この脊髄馬尾神経は、それぞれの腰椎で左右一対ずつ枝分かれしており、神経根と呼ばれています。
各神経根は、比較的狭い骨の間隙(椎間孔と呼ばれます)を通って下肢に向かっています。

交通事故・労災について

交通事故に遭われた後、特に目立った怪我や外傷がなくても、数日経過すると痛みやしびれなどの症状が急に現れることがあります。
そのまま放っておくと、二次障害が併発する恐れがありますので、早めにご来院いただくことをおすすめします。 「事故前より肩や背中などがこるようになった」「吐き気、めまい、頭痛がする」「しばらくしてから首が痛みはじめた」など、少しでも体に違和感を感じられるようでしたら、お気軽にご相談ください。

当クリニックは、労災保険指定医療機関の指定を受けおりますので、労災の対応も行っております。
仕事中、または通勤途中に起きた怪我は、労働者災害補償保険法で規定されている労災保険により補償を受けることができます。
業務上であれば、骨折や捻挫、打撲などの怪我から、ぎっくり腰も労災を使って治療することが可能です。 また、仕事中に起きた交通事故については、労災で補償される場合もありますが、基本は自賠責保険や任意自動車保険が優先的に適応されますので、お気軽に当クリニックまでご連絡ください。

pegetop